買いトレードだがない

値が上昇するか下がるかの勝率はシンプルに計算すると50%になる。

その確率を上げるためには、値が上昇するかどうか予想し、勝率を上げていきます。

素人に買いのトレードのみを進めるのは、一つに絞る事で読みをしやすくする事も上げられるが、大きなわけとしてはスワップ(為替差益)に関しての事だぜ。

スワップ(為替差益)はプラスになるものと、マイナスになるものがあるぜ。

スワップ(為替差益)とは金利の差を配当金として得られるもので、ドルを購入した時は金利差によりプラスのスワップ(為替差益)となるが、逆にドルを売るとお金が取られる事になってしまいますぜ。

金融と投資 関連情報

みずほコーポレート銀行は21日、米中堅投資銀行エバコア・パートナーズに出資することで合意したと発表した。みずほコーポレート銀行はエバコアが発行する1億2000万ドル(約130億円)の新株予約権付社債を取得し、役員を派遣する。社債を株式に転換した場合の議決権は14・7%となる。 日本銀行の白川方明総裁は25日、大阪市内のホテルで開かれた地元経済4団体との懇談会で、金融機関の中小企業への融資について、「金融を巡る状況が変化しており、中小企業への貸し出しは減少している」との認識を示した。 20日は、中国政府が減税や市場安定策などを含む2000億〜4000億元(約3兆2000億〜6兆4000億円)の景気対策を検討しているという情報が市場で流れたことが買い材料となった。電力料金値上げや原油価格の安定なども好感され、大半の銘柄がストップ高まで買われた。 地元経済界から、中小・零細企業に対して金融機関の貸し出し姿勢が厳しくなっているとの指摘があった。これに対し、白川総裁は「(景気が停滞している中で)金融機関が信用リスクの評価について新しい目線で見ることは当然で、全体としてどうなるかを注意したい」と述べた。