買いトレードだがない

値が上昇するか下がるかの勝率はシンプルに計算すると50%になる。

その確率を上げるためには、値が上昇するかどうか予想し、勝率を上げていきます。

素人に買いのトレードのみを進めるのは、一つに絞る事で読みをしやすくする事も上げられるが、大きなわけとしてはスワップ(為替差益)に関しての事だぜ。

スワップ(為替差益)はプラスになるものと、マイナスになるものがあるぜ。

スワップ(為替差益)とは金利の差を配当金として得られるもので、ドルを購入した時は金利差によりプラスのスワップ(為替差益)となるが、逆にドルを売るとお金が取られる事になってしまいますぜ。

金融と投資 関連情報

20日は、中国政府が減税や市場安定策などを含む2000億〜4000億元(約3兆2000億〜6兆4000億円)の景気対策を検討しているという情報が市場で流れたことが買い材料となった。電力料金値上げや原油価格の安定なども好感され、大半の銘柄がストップ高まで買われた。 生命保険、損害保険会社からは機動的な事業買収や社内再編を行うため、部分譲渡規制の緩和の要望があがっていた。契約者保護の観点に加え、規制緩和は敵対的買収を活発化させかねないとして、金融審内部や一部保険会社には見直しに慎重な声もあるが、金融庁は年度内にも一定の結論を出したい考えだ。 このため、特定の保険商品や営業地域、顧客層に限った部分的な事業買収ができない。また、既存の保険会社が個人客専門会社や企業取引専門会社といった機能別保険会社を分社化し、持ち株会社の傘下にぶら下げるなどの社内再編も、事実上不可能だ。 ただ、07年1〜3月期の証拠金に対する取引額の倍率は平均で証拠金の8・5倍だったが、08年1〜3月期には5・7倍へ下がった。