買いトレードだがない

値が上昇するか下がるかの勝率はシンプルに計算すると50%になる。

その確率を上げるためには、値が上昇するかどうか予想し、勝率を上げていきます。

素人に買いのトレードのみを進めるのは、一つに絞る事で読みをしやすくする事も上げられるが、大きなわけとしてはスワップ(為替差益)に関しての事だぜ。

スワップ(為替差益)はプラスになるものと、マイナスになるものがあるぜ。

スワップ(為替差益)とは金利の差を配当金として得られるもので、ドルを購入した時は金利差によりプラスのスワップ(為替差益)となるが、逆にドルを売るとお金が取られる事になってしまいますぜ。

金融と投資 関連情報

個人向け国債は、大手行、証券会社などの間で販売競争が激化し、商品券贈呈などのキャンペーンを行うところが多い。同行は今年6月の販売時にも、二酸化炭素の排出権取得を組み込むなど、環境問題への取り組みを積極的に打ち出して差別化を目指す。申し込みは、店頭のほか、インターネットのホームページ上では24時間受け付ける。 20日は、中国政府が減税や市場安定策などを含む2000億〜4000億元(約3兆2000億〜6兆4000億円)の景気対策を検討しているという情報が市場で流れたことが買い材料となった。電力料金値上げや原油価格の安定なども好感され、大半の銘柄がストップ高まで買われた。 日本銀行は27日、少ない元手で多額の為替取引ができる「外国為替証拠金取引」(FX取引)の実態に関する調査結果を発表した。2008年1〜3月期の取引口座数は142万口座、取引高は222兆円で06年4〜6月期と比べて口座数で3・7倍、取引高で2・6倍にそれぞれ急増した。1日当たりの取引高は1・9兆円(07年1〜3月期)で、日銀は、世界の外国為替市場の円スポット取引の1割程度にまで拡大していると推計している。 ただ、07年1〜3月期の証拠金に対する取引額の倍率は平均で証拠金の8・5倍だったが、08年1〜3月期には5・7倍へ下がった。